ダイエットティーとして活用できるお茶

日頃飲んでいるお茶をダイエットティーにかえるだけで、手軽にダイエットを行うことができます。お茶はそれぞれ風味が違いますので、自分好みのものを見つけるようにします。
ダイエットティーとして一般的によく知られているものにプーアール茶があります。プーアール茶は緑茶を発酵させた黒茶の一種であり、サポニンという成分を含んでいます。このサポニンには摂取した脂を排出する働きがありますので、脂っぽい食事を摂った時に取り入れたいところです。この作用を最大限に引き出すためには、食事と一緒に飲む必要があります。食事の時に飲めば摂取した脂の吸収を抑えることができます。また、脂肪燃焼の効果を得るためには、運動をプラスするようにします。
体脂肪の燃焼を促してくれる杜仲茶もダイエットに効果的です。脂肪を燃やすだけでなく、全身の血流を改善させたり便秘を解消する働きもあります。ダイエット中には必要な栄養素が不足して免疫が落ちてしまうこともありますが、このお茶には免疫を強化する働きもあります。そのため、日頃の健康対策としても重宝します。
ウーロン茶もダイエットに効くことで有名です。ただし、カフェインを含んでいますので飲む時間帯には気をつけなければなりません。ウーロン茶に含まれるポリフェノールには、脂肪の吸収を抑えたり、脂肪分解を促す作用があります。食後の血中中性脂肪の上昇を抑えることもダイエットに効く要因の一つです。ダイエット対策用のお茶として注目されることの多いウーロン茶ですが、実はビタミンCも豊富に含まれています。シワやシミの予防に効果的ですので、アンチエイジング対策としても利用できます。
カフェインが気になる人には、ノンカフェインのルイボスティーというものもあります。ルイボスティーは美容対策として注目されているお茶であり、フラボノイドという成分が体内の活性酸素を取り除いてくれます。ダイエット目的で考えると、便秘を解消したりコレステロールを低下させる働きが特に有効です。
この他にも、ダイエットに効くお茶は色々あります。効能がそれぞれ異なりますので目的にあったものを選ぶことが重要ですが、体質的に合うもの合わないものがありますので、まずは飲んでみて問題がないかを確かめなければなりません。便通を良くするタイプは効き過ぎてお腹が緩くなってしまう人もいますので、便秘解消を促すタイプを利用する際には特に注意が必要です。